映像制作をする上で作品には多くのジャンルが存在し、中でも制作を進行しやすいものがMVと言われるミュージックビデオです。楽曲に合わせて映像を編集していくので盛り上がるポイントや、ゆっくりと溜めるポイントなどが楽曲の上で出来上がっています。映像制作をする際に編集ソフトに慣れていない方は楽曲に合わせた映像を作ってみましょう。それにより編集の基本は身に付けることが出来ます。

また、楽曲に合わせた映像制作は暇な時間があるときに取り組むことをお勧めします。楽曲は一つの作品の完成形であり、それに沿って編集することによりテンポの付け方や見せ場の作り方を学ぶことが出来ます。映像制作で将来、生活をしていきたいと本気で考えている方は路上アーティストに声を掛けることを始めましょう。実際にメジャーデビューしているアーティストの楽曲を使用してミュージックビデオを作っても著作権の問題で発表することが出来ません。

そこでインディーズで活躍しているアーティストに声を掛けてミュージックビデオを制作をさせてもらうように活動することです。ここでは手当たり次第に声を掛けるのではなく、自分が楽曲を気に入ったならば声を掛けるようにしましょう。楽曲が好きだからこそ映像制作も出来、応援していこうと意欲も出ます。アーティスト側も情熱のある方に作って貰えるからこそ嬉しいものです。

発表できる作品が作れるようになれば、依頼を受ける可能性も出てきます。本気の意欲がある方は挑戦してみてください。