動画というと実は分かりやすいともおもわれていますが、実はかなり意識をしないと難しいものともなります。というのは動画はとても情報量の多いものなので動画制作をするときには分かりやすいものを作るという意識をもってすることが大切になります。分かりやすい動画制作をするコツとしては、コメントや字幕を出来るだけ入れるようにしましょう。実は音声は聞き間違えることもあってかなりあいまいな情報なのです。

言葉が正しく聞こえないとしっかりと伝えたい事が伝えられないことがあるので、こうした間違いを防ぐ意味でも動画にコメントや字幕を入れるのは大切です。人気となる動画のほとんどにはこうした字幕が入っていることを考えれば、人は分かりやすいと動画を感じることの一つの要素としてこの字幕というものも入っていることが考えられます。そして、集中線やマスキング処理も動画制作に入れていくとより動画がわかりやすくなります。特にマスキングは見せたいところを明確にするかわりに見せたくないところはぼかしたり、隠したりすることが出来るので、動画を制作するときには欠かすことが出来ない方法といってもいいでしょう。

動画が分かりやすいというのは動画を見てもらう最低限の条件というべきものです。今は簡単に動画が作れてしまうので、この分かりやすさの意識が低下しているともいえるので、動画制作をするときには、はっきりと分かりやすさを意識して制作をする必要があります。