質の高い動画制作をする際に心がけたいのが「いかに飽きさせない映像にするか」ということです。そこで視聴者を飽きさせない動画制作のポイントとして次の5つのコツを押さえておくのがおすすめです。1つ目はテンポの良さです。同じシーンやカットを映し続けるよりも、頻繁にカットの切り替えを行ったり、途中にテロップを加えたりして意識してテンポを作り出すことが大切です。

2つ目は演出を工夫することです。一番取り入れやすい方法が音楽や効果音を上手く取り入れることによって、視聴者の視覚や聴覚、感情を刺激する方法です。また、最近ではCGやモーショングラフィックスなどの技術を駆使して、興味を引き出すような演出する方法もあります。3つ目はストーリー性です。

視聴者の次の展開に対する期待感を高めるためには、起承転結がしっかりとしたストーリー構成にすることが最も効果的です。また、多少長時間の動画であっても起承転結の構造を何回も作ることで、最後まで興味を持ってもらいやすくなります。4つ目は情報を適切な量にまとめることです。限られた時間の中で効率よく作り手が伝えたい内容を視聴者に理解してもらうためには、シンプルで分かりやすい情報の量にすることが大切です。

5つ目は長くなり過ぎないようにすることです。これはどのようなテーマの動画にするかによっても変わってきますが、基本的には1分から長くても3~4分程度のまとまった作品にするように心がけましょう。これらの点を意識して動画制作をすることがポイントです。