映像制作というものは、実に幅広い分野で行われているものです。そうした中でも、いちばん一般的で誰もが知っているものはといえば、やはり、それは言うまでもなく映画と呼ばれているものでしょう。その映画の中でも、一般に映画と呼ばれているものは、誰もが親しんでいる劇映画と言われているジャンルのものでしょうが、しかし、映画には劇映画のみではなく、記録映画というジャンルもあれば、教育映画というジャンルのものもあるのです。この教育映画というものにも、学校教育の場で用いられるものばかりではなく、職場での教育研修や教育指導のために用いられているものなど、様々なものがあるのです。

このために、映像制作を行っている会社の中には、いわゆる映画会社として知られている、映画館で一般公開されている劇映画を制作している会社のみではなく、学校や企業、官庁などからの注文を受けて、そうした教育映画を専門に制作している映像制作会社もあるのです。また、大手の企業などには、社内にそうした教育研修を行っている専門の部門があって、そこでは社内教育用の映画を自前で制作している、というところもあるわけです。しかし、こうした教育映画というものは、映画館で一般公開されるようなことはなく、学校や企業、官庁などの内部で教育用に用いられている場合がほとんどですから、一般社会にはほとんど馴染みがなく、そのために、世間一般的にはほとんど知られていないものと、言えるわけなのです。