テレビが主な媒体だった以前に比べ、最近は、スマートフォンやパソコン、タブレットなど、様々な種類のメディアが増えて、家でも外でも簡単に動画を見ることができるようになりました。一日の中で、ネットに触れないという人が少なくなってきており、映像の宣伝力も高まってきています。映像は、写真や文字だけの宣伝を同じ時間見るなら、圧倒的に情報量が多く、インパクトもあることが多いので、宣伝力が高いと言えます。商品の魅力や特徴が分かりやすかったり、商品制作への想いがメッセージとして受け取れたり映像には、いろいろな観点の情報を盛り込むことができ、しかも短時間で見ることができるので、大変効果的な宣伝方法です。

映像制作を依頼している企業などは、映像制作をリピートしていることも多くあります。自主制作との違いは、構成力と企画力で、広告を作るにあたっての大切な部分が、プロの方が長けているということです。目的やターゲット、コンセプトを明確にして、豊富な経験や知識を活用して、メッセージ性の高い映像制作の提案をできる制作会社に依頼すると、誰が見ても理解できるような、分かりやすくてインパクトのある映像を作り出してくれます。また、素人には手が届かない機材やソフトなどを使用しているので、一般の人が扱うものよりも優れた映像を作ることができ、プロならではの技術で使いこなすことができるところも、映像制作を依頼する理由になっています。