紙媒体だけでなく、映像を使って宣伝を行う企業が増えてきています。映像には、人の目をひきつけ、心に残る力があるため、商品プロモーションや会社案内、サービス案内などを行う時にとても役に立ちます。映像制作は、プロに任せることが一般的ですが、素敵で目的にかなった映像制作を実現するためには、目的や希望をしっかりと伝えるように気をつけましょう制作者と依頼者との間に認識のずれが生じると、思ったのと違う、依頼したのと違うということになりかねませんので、注意が必要です。最も大切なことは、映像制作をする目的をしっかり持つことです。

まずは映像をどのような目的で、どこでどんな風に利用するのかを明確にして、制作会社に伝えると良いでしょう。テレビで流したい映像とホームページに載せたい映像、教材や会社案内などを社内で使いたいなど目的や使い道が違うと、作り方も変わってきます。目的が明確になったら、ターゲット層を明確にすることも大切です。た0ゲット層を決めると、映像の雰囲気やBGM、テロップなどを工夫することができます。

子供向けの作り方で年配向けの内容の映像を作っても効果が薄い、と言うのと同じように、ターゲットに診てもらいたいなら、ターゲット向けの映像を作ることが大切なのです。また、映像制作を依頼した時に気をつけたいこととしては、制作過程をきちんとチェックすることです。認識やイメージに違いがあっても、早くに気づけば軌道修正することができ、やり直しのむだなコストを省くことができます。