創造的な職業の一つに、映像クリエイターがあります。映像クリエイターは、テレビ番組の制作や編集、テレビコマーシャルやWebコンテンツ、アニメーションなどと、あらゆる映像の制作にかかわっています。映像制作会社に勤務するケースがほとんどですが、中には、フリーで仕事を行っているクリエイターもいます。ごく大雑把に分けると、制作系と技術系の2種類に分かれます。

テレビ番組での映像クリエイターは、制作系なら、プロデューサー、ディレクターなどの職種が該当します。技術系には、編集オペレーターやCGクリエイター、音声などが当たります。技術系ですと、撮影、編集、CGなどの専門テクニックが必要となってきます。制作系であれ技術系であれ、広範な知識とスキル、そして、忍耐力が求められます。

映像制作会社が求人をする場合は、職種ごとに募集をかけているケースが一般です。映像制作の仕事というのは、実力主義で評価されるのが通例です。視聴率や人気などといった結果が出てこないと、淘汰されていく苛烈な世界なのです。徹夜作業は頻繁で、肉体的にも非常に苛酷な仕事なのです。

なお、近年は、各種機材がデジタル化し、あるいは高度なソフトウェアが導入されることで、一般人でも簡単な編集や加工ができるようになってきました。それだけに、とりわけ技術系の職種は高レベルの専門性が要求されるようになってきたのです。一見華やかな映像制作会社の仕事ではありますが、実際の現場は非常に厳しいのです。スタッフ募集の求人がよく出されていますが、自分の適性をしっかりと見極めてから、その求人に応募することが大事です。