求人を出してある映像制作会社に就職しようとしたとき、失敗なく選ぶポイントがいくつかあります。一つ目はその映像制作会社で扱う仕事が、きちんと仕事として成り立っているのかということです。映像制作はカメラと編集機とある程度の知識があれば、簡単に制作できます。そのため兼業や副業だったり、趣味で映像を制作している人も数多くいるのです。

しかしそのような映像制作でしたら、本業に多くの時間を割くため、面会や撮影の日程などスケジュールの都合がつかないことが多いのです。二つ目は、映像の目的をしっかりと聞いてくれることです。一口に映像制作会社といってもブライダル映像、ミューシック映像、シーエム映像などさまざまなものがあり、それぞれに目的が違います。例えば企業が映像制作を依頼すると、求人なのか、集客に使うのか、新人教育に使うのか、ただ単に企業映像とだけではわからないのです。

きちんと目的を聞かないと、必要のないオプションなどをつけられ、高額になるという可能性があるのです。三つ目は会社が作った映像作品を見ることができる会社なのかです。見ることができるということは、総合的に管理、監修・指示がおこなえる会社ということになります。求人を出していて見ることができないという会社は、実績がない会社がほとんどです。

四つ目は映像制作だけでなく、写真や音声の知識がある会社なのかということです。これは顧客のニーズに対して、さまざまなことが要求されるので、広い知識が必要となるためです。五つめとして、映像活用をしているかです。映像制作会社が映像を活用することによりデータの蓄積を行い、動画活用のノウハウを多く持っている可能性が高くなるからです。