テレビを見ている人はあまり意識していませんが、放送しているテレビ局が全てのテレビ番組を制作しているわけではありません。むしろ、多くの番組は映像制作会社が作っているものです。これは在京キー局だけでなく、各地方放送局に関しても同じことが言えます。当然ながら、映像制作会社はたくさんありますし、この仕事は深夜も早朝も問わない職種のため、求人は頻繁に募集しています。

特に最近はインターネットの放送局も増えてきておりますので、特に映像制作会社のニーズが高まっています。そのきつい仕事から、離職率も比較的高いと言えます。そのため、求人はほぼ一年中ありますので、このような業界に入りたいと思っている人はチャンスが豊富にあります。確かに、体力的にも精神的にもつらい仕事ではあります。

しかし、この仕事は映像化された番組をたくさんの人が見てくれるという夢がある仕事でもあります。また、最初は雑用ばかりかもしれませんが、ある程度、責任ある仕事を任されるようになると、番組を文字通り、作る立場になります。そうすると、企画から起用するタレントまで、権限が広がりますので、よりいっそう楽しい仕事となることでしょう。視聴率が低ければ仕事がなくなる可能性はあるものの、インターネットの発達でレスポンスがすぐにわかるようになりましたので、視聴率だけでは測れない指標となりつつあります。

将来はテレビ局にと思ったことがある人も多いはずです。ぜひ求人をみたらチャンスだと思ってチャレンジしてみてください。