求人情報に映像編集の職種募集があり、未経験から編集の仕事に応募するのに必要な技術は何かを書いていきます。まず、映像編集業界はどのような業種があるのかという点ですが、普段TVなどで見掛ける映像を編集する仕事や結婚式や披露宴の映像を編集する仕事など多岐にわたります。特殊なもので言えば、防犯カメラの映像を編集する可能性もあります。映像編集の求人に応募するのに、あるといい知識は、編集ソフトを扱える事です。

映像を編集するには、必ず編集ソフトを使用しますので、このソフトが扱えなければ仕事になりません。当然、パソコン上で編集しますので、パソコンの知識もある程度必要になってきます。最近では、パソコンを購入すると簡易的ではありますが、映像を編集するソフトがすでにインストールされていますので、パソコンの操作に慣れるという事も含めて、まずは、プリインストールされている映像編集ソフトで編集方法を独学で学んでみると良いでしょう。そのソフトで自分が撮影した映像を編集してみて、ある程度扱えるようになったら、上級者向けのソフトを購入し使用方法を学んでいきましょう。

できれば、プリインストールされていたものとは、違う系統のソフトにしましょう。求人企業で使用しているソフトは、1つではないので、出来る限りたくさんのソフトが扱える事が望ましいです。プリインストールのソフトと上級者向けのソフトで、大きく異なる点は加工や効果などが充実している位ですので、基本的な使い方は、さほど変わりません。